graphic
graphic
detal
2018年入社
MORISAKI KEITO
森嵜 渓登
プランニング&コンサルティング局
  • 現在の業務について
    簡単に教えてください

    プランニング&コンサルティング局という部署に所属しており、日々クライアントの抱える課題や悩み事に答えたり、解決につながるPR施策を企画・提案したりしています。
    現在は食品メーカー、食肉ブランド、さまざまな協会などを担当しており、社内の専門スタッフや外部の制作会社さんと協力しながらプロジェクトの企画・進行などをおこなっています。

  • 現在の業務で面白いところ、
    難しいと思ったところ

    日々知らないことの連続で、毎日勉強できることが面白くもあり、難しくもあります。例えば、クライアントによって食品から音楽、ITなど、業種を問わずさまざまな仕事に関わることができます。
    それに加え、メディアのことや世間での流行など、面白い知識をどんどん吸収でき、そしてそれを別の場面でも生かすことができるのはとても楽しい仕事だなと感じます。

  • 今までで思い出に残っている
    プロジェクトはありますか?

    PRの仕事は本当に色々なことができて、とても良い勉強になる滅多にできない体験ができます。
    配属後すぐに食肉ブランドの仕事で、料理コンテストの審査員として試食審査をやったり、電車広告のデザインなどの業務を任されたりした時は、「こんな仕事までやるの!?」と驚きましたが、今では最初にやってよかったと思える印象に残る仕事でした。

  • 電通PRってどんな会社?
    魅力はどこ?

    「個人」が活躍できる会社だなと思います。
    決して個人プレーが多いという意味ではなく、会社の程よい規模感のおかげで、社員一人一人の名前と顔、その人の詳しい分野やどんな仕事をしているかなどがすぐにわかります。あまり知らない業界の仕事や、良いアイディアが浮かばないときなど、「あの人に相談しよう!」とすぐ聞きにいけるのは、とても良い環境だと思います。
    自分の興味のあることや好きなことをどんどん社内で発信することで、自分にも楽しい仕事が舞い込んで来たりします。

  • 電通PRに入社を決めた理由は?

    社員の方々が、とても仕事を楽しんでいるように見えたことです。入社前にいろいろお話しを聞くなかで、本当に皆さんPRが好きで、PRの力を信じているんだな、と思いました。入社後の今、内側から見ても、忙しかったり大変だったりする仕事ですが、みんな自分の仕事にやりがいや誇りを持っているなと感じます。

  • 学生時代にやっておいて良かったことは? または学生時代にやっておいたら良かったな、と思うことは?

    特別な経験ではないですが、たくさんの人とよく話していたことです。大学で出会う人は趣味も特技も本当にバラバラで、知らないことを教えてくれる、自分の興味を広げてくれる存在でした。そんな友人たちやバイト先の先輩後輩などとたくさん話し、いろいろなことに興味を持った経験は、今の仕事のなかでも生きているかなと感じます。

  • 今後やってみたい仕事や目標はありますか?

    趣味に関わる仕事がずっとしたいと思っているので、楽器の楽しさを人に伝えられるような仕事や、もう一つのの趣味である金魚すくいに関わる仕事がしたいです。金魚すくいに関わる仕事、どこかにないですかね……。

  • 就活生にひとこと!

    就活は楽しんだ方が絶対に得です!肩の力を抜いて、自分の言葉と自分の感覚を大事にすれば、必ずそれに応えてくれるところが見つかります。視野を広く持って、思い出に残る就活にしてください!    

OTHER PEOPLES