SCROLL

Kanayama Taiga

金山 泰我 / 2020年入社
プランニング&コンサルティング局

現在の業務について簡単に教えてください

プランニング&コンサルティング局に所属しています。クライアントとの窓口に立って彼らが持つ現状や課題に向き合い、社内外のメンバーと協力しながらPR視点での課題解決を行っています。と言いたいところですが、まだ配属されて数カ月ですので、そんな先輩方の仕事を見ながら、日々一人前のプランナーになるべく勉強中です。

現在の業務で面白いところ、難しいと思ったところ、やりがいなど

私が所属するプランニング&コンサルティング局では、求められる役割も幅広いです。プロジェクトの進行や調整を円滑に行うためのディレクション能力が求められる場面が多い一方で、柔軟な発想を持ってソーシャルメディア上で話題になったり、生活者の心に刺さったりするようなアイデアを考える場面も少なくありません。
オールラウンダーとしての能力が必要不可欠であり、時と場合に応じて、頭のスイッチを切り替えながら一つ一つの仕事をこなしていかなければならないことが難しいところであり、同時にやりがいの一つでもあると思います。

電通PRってどんな会社だとおもう?魅力はどこ?

他人の気持ちを思いやることができる方や、「若者」や「経験が浅い」というフィルターを通さずにフラットな目線でコミュニケーションをとっていただける方が多い印象があり、若手社員が仕事をしやすい環境が整っている会社だと感じます。(個人的には「人と人との関係づくり」を生業にしているからこそ、同じようなパーソナリティを持つ人が集まっているのでは?と推測しています)。

電通PRに入社を決めた理由は?

一つは、自分の遊び心や創造性を生かせる職に就きたかったから。もう一つは、PR会社は「企業の視点」ではなく「生活者の視点」を起点に企画を考えることができ、広告会社よりも「世のため人のために仕事ができている実感」を得ることができるのではないかと感じたからです。

学生時代にやっておいて良かったことは? あるいは学生時代にやっておけば良かったな、と思うことは?

社会人になると自由に使える時間が制限されてしまうので、仕事でも遊びでも、とにかくさまざまな経験を積んだり、国籍・年齢を問わず幅広く他人と交流したりすることで、感受性を磨いておくことだと思います。PRの基本的な考え方は「企業の言いたいことと世の中の視点を掛け合わせること」でもあるので、自分が興味を持てる、あるいは共感できる物事の範囲が広ければ広いほど「世の中視点」を考える土台が大きくなっていくかと思います!

今後やってみたい仕事や目標はありますか?

いままでお世話になってきた地元の街や、子どもの頃から好きだった商品をPRの知見を生かして盛り上げ、恩返しができる日がくればいいなと思います。

就活生にひとこと!

就活の時期に自分の将来について考え抜いた経験は今後の人生の指針にもなるはずです!気持ちを強く持って、就活を乗り越えてください!電通PRで待ってます。