graphic
graphic
detal
2015年入社
TAKIMOTO SHINYA
滝本 真也
プランニング&コンサルティング局
  • 現在の業務について
    簡単に教えてください

    1年目は、コーポレートコミュニケーション戦略室・調査部に所属しており、ソーシャルリスニングや、PRを行う際の客観的データを作り出すための、リサーチを行う部署におりました。そして、2016年度からはディレクション局に所属しています。レジャー、スポーツ、通信など様々なクライアント(お客様)の窓口としてと向き合い、クライアントが世の中との良好な関係を築いていけるように、PRの企画立案・実行までお手伝いをしています。クライアントによって課題も様々なので、業務の幅はとても広いです。

  • 現在の業務で面白いところ、
    難しいと思ったところ

    PRの仕事は、ひとことで言うと「自由」です。自由な発想で仕事に取り組めるのはとても面白いですが、自由だからこそ、アイデアが生まれないときは、難しさを感じます。

  • 今までで思い出に残っている
    プロジェクトはありますか?


    現部署に配属されて間もなく、(先輩のフォローもありながらですが)私がメインでプロジェクトを担当することになり、緊張しながらも一生懸命取り組み、結果的にはクライアントに満足いただけて、達成感を感じました。

  • 電通PRってどんな会社?
    魅力はどこ?

    自分の裁量で仕事ができます。自分のやりたいことを仕事にするには、責任も伴います。でも、電通PRはやりたいことを積極的にできる環境を与えてくれますし、そんな人を応援してくれる会社だと思います。


    入社するまでは、厳しい人がたくさんいて、殺伐とした雰囲気の中で仕事をするんだろうなと覚悟していたら、そんなことは全くなく、時にはブレイクタイムを設けながら、自分の裁量で仕事ができる環境です。

  • 電通PRに入社を決めた理由は?

    実は、大きな決め手はないです(笑)。面接を経ていく中で、「しっくりきた」としか言いようがないのですが、この「しっくりくる」という感覚が自分の中では大きな判断要素だったかもしれません。

  • 学生時代にやっておいて良かったことは? または学生時代にやっておいたら良かったな、と思うことは?

    もっとたくさん本を読んだり、映画を観たり、スポーツをしたり、友達と遊んだり、美味しいお店に行ったりすればよかったなと思います。午前中に起きることを強くお勧めします。

  • 今後やってみたい仕事や目標はありますか?

    漠然としているのですが、「面白い」と思われるPR 施策を次々と生み出したいです。クライアントの発信したい情報に「オモシロ」の付加価値を付け、「ねえ、これ知ってる?」と皆さんが友達や家族に言いたくなるようなPR施策を展開していければいいなと思っています。

  • 就活生にひとこと!

    就職活動では「自分のやってきたこと」「日々感じること」「好きなこと」などを、自分の言葉で相手に伝わるように魅力的に語らなくてはなりません。単に自分のことを「話す」のと、「語る」のとでは面接官の印象が違うと思います(※個人的な見解です)。「私ってこんな奴なんだ!」というのを、大いに語っちゃってください!あと、就活すると周りが気になりますが、「人は人、自分は自分」です。マイペースに頑張ってください。

OTHER PEOPLES