graphic
graphic
detal
2012年入社
SAWAMURA HIROSHI
澤村 紘史
プランニング&コンサルティング局
  • 現在の業務について
    簡単に教えてください

    2016年までは電通本社のPR担当部署であるマーケティングソリューション局 PRディレクション室に出向し基本的なPR作業に加えて、ソーシャルリスニングやコンテンツマーケティングなどの業務に携わっていましたが、2017年より電通PRに帰任し、ディレクション局で食品メーカーや玩具メーカーなどのクライアントを担当しています。クライアントの窓口としてプランニングや企画立案を行っています。
  • 現在の業務で面白いところ、
    難しいと思ったところ

    課題解決のための手法は無限にあるというところが面白いところでもあり、難しいところでもあります。手法が何でもいい分、常に世の中の動きや社会課題にアンテナを張っておく必要があります。
  • 今までで思い出に残っている
    プロジェクトはありますか?

    テレビ局といっしょに、あるスポーツ競技を盛り上げるプロジェクトに参加しました。世界大会で日本代表が勝ち進んだこともあり、徐々に日本中が盛り上がっていく様子を体感することができました。
  • 電通PRってどんな会社?
    魅力はどこ?

    ひとりひとりが個性的だけど、アットホームでまとまりがある会社だと思います。
  • 電通PRに入社を決めた理由は?

    電通PRは、ふるい落とすためではなく、選び取るために選考を行っていると感じました。学生の言葉に真剣に耳を傾け、真剣に答えていると感じられ、この先輩方と一緒に仕事をしたいと思いました。
  • 学生時代にやっておいて良かったことは? または学生時代にやっておいたら良かったな、と思うことは?

    大学の授業をもっともっと真剣にやっておけば良かったと思います。情報が多い世の中で、ひとつのことに深く触れる機会が少なくなっていますが、大学の授業は自分の興味関心を広げるいい機会だったと今は思います。
  • 今後やってみたい仕事や目標はありますか?

    PRの考え方で広告やプロモーション、デジタルなどのコミュニケーションを統合した仕事をやってみたいです。
  • 就活生にひとこと!

    学生時代、夏休みに世界中の若者とともにバスで東南アジアを回るというツアーに参加しました。10人のメンバーのうち、英語を話せないのは私1人、しかも男も私1人というとんでもない(?)状況でしたが、終わってみるととても有意義な経験になりました。気になったことは何でもやってみて、さまざまな経験をするのが良いと思います。

OTHER PEOPLES