graphic
graphic
detal
2017年入社
SAITO KUNIHIRO
齊藤 国浩
プランニング&コンサルティング局
  • 現在の業務について
    簡単に教えてください

    PRコンサルタント(プランナー)として、クライアントをはじめ協力会社、社内スタッフなどさまざまな人と日々接しています。私の担当するクライアントは、食品メーカー、化粧品メーカー、研究開発法人、公益財団法人など、多岐にわたります。PRコンサルタントの仕事は、単なるクライアントの窓口にとどまらず、企画の立案はもちろん、人(スタッフや、取材対応者などの調整)、時間(スケジュール管理)、予算など、全体のディレクション(進行管理)を行っています。
  • 現在の業務で面白いところ、
    難しいと思ったところ

    PRコンサルタントの仕事は人と接することが重要な分、思い通りに進まないことが多々あります。しかしその分だけたくさん人と接し、話すことができるので、さまざまな価値観や、思いがけないアイデアに出合う場面が多いです。人と関わることで仕事をつくる、それが魅力だと思います。
  • 今までで思い出に残っている
    プロジェクトはありますか?

    食品メーカーのイベントです。現在の部署に配属された時に、企画段階から関わりました。クライアントの相談から、一つの解決策を形づくるまで、一貫して携わることができて、勉強になりました。またメディアで多数取り上げられ、メディアの力や勢いも感じました。
  • 電通PRってどんな会社?
    魅力はどこ?

    真摯(しんし)な会社だと思います。仕事はもちろん、働き方改革や社内交流など、ON/OFFをしっかり分け、取り組んでいる印象です。
    仕事は楽なことばかりではないですが、自分がピンチの時は、先輩がしっかりと助けてくれます。私が学生の頃なら、「当たり前じゃん」と思っているかもしれませんが、社会人になって助けてくれる人に出会える環境は、とても貴重だと思います。
  • 電通PRに入社を決めた理由は?

    先輩社員が真摯に相談に乗ってくれたことが、決め手です。
    当社から内定をもらった時、他社の選考が残っていました。選考を続けるか悩んでいることを、人事に相談したところ、先輩社員を紹介してくれました。先輩社員は冷静かつ客観的にアドバイスしてくださり、後腐れなく決断することができました。今は入社を決めてよかったと感じています。
  • 学生時代にやっておいて良かったことは? または学生時代にやっておいたら良かったな、と思うことは?

    情報キャッチのアンテナを張っておく、ということです。
    学生時代は旅行雑誌の編集部でアルバイトをしていました。日ごろから、記事で取り上げる旅行スポットを、ストックしておく必要がありました。それとは別に、時事ネタもよく追うようにしていました。
    自分の蓄積としてためられるストック情報と、時代を追いかけ続けるフロー情報、二つの情報をキャッチするための「アンテナ」を立てておくことが、今の仕事にも役立っています。
    時間がなくなると、意識しなければ情報は収集できません。まずは自分の好きなことから、アンテナを張る練習をすることは、社会人になっても役立つと思います。
  • 今後やってみたい仕事や目標はありますか?

    音楽、銭湯、地元北海道など、趣味や自分の好きなことを、PRしてみたいです。
  • 就活生にひとこと!

    就活は団体戦だと思います。仲間と一緒に頑張ってください!

OTHER PEOPLES