graphic
graphic
detal
2016年入社
TSURUOKA YAMATO
鶴岡 大和
プランニング&コンサルティング局
  • 現在の業務について
    簡単に教えてください

    入社後、プランニング&コンサルティング局に配属になりました。日々クライアントに向き合いながら、クライアントが解決したいコミュニケーション上の課題を掴み、企画の立案を行っています。世の中とのより良い関係構築に向けて全体を統括するポジションだと思います。

  • 現在の業務で面白いところ、
    難しいと思ったところ

    クライアントの課題解決を通じて、世の中にダイレクトに空気やニュースを作っていける可能性がある点が面白いです。その元になるアイデアや戦略を考えられるように、日々奮闘しています。

  • 今までで思い出に残っている
    プロジェクトはありますか?

    とある協会が私のクライアントなのですが、そのプロジェクトで地方イベントを行うことになり、一人で出張に行ったことです。
    イベントの前日にその県のメディアへ1人でキャラバン(製品やサービスなどの情報や製品を持参し、各メディアを訪問すること)を行いました。
    拙いながらも一生懸命に説明した結果、当日取材に来てくださり、イベントについてニュースとして報道され、世の中に情報を作ることができた、と実感できました。

  • 電通PRってどんな会社?
    魅力はどこ?

    隣の席にいる人が自分とは全く異なる仕事をしている会社です。それくらい多種多様なクライアントがあり、提案ができます。何気なく見ているニュースでも、「あの先輩が仕掛けたんだ」と気づくことが日常茶飯事です。
    入社する前は、基本的に新人は相手にされないのだろうと考えていましたが、まだ配属されて1年も満たないわたしにも任せてもらえる仕事も多いことは驚きました。また、違う部でも親身に相談に乗ってくれる方々ばかりなので、1年目から様々な仕事に打ち込める環境だと思います。

  • 電通PRに入社を決めた理由は?

    電通PRの説明会で登場した先輩方の雰囲気や他人のことをよく見ている姿勢を魅力的に感じ、電通PRでなら今の世の中がどうなっているかをよく見て、社会を動かせる仕事ができるかもしれないと感じたからです。

  • 学生時代にやっておいて良かったことは? または学生時代にやっておいたら良かったな、と思うことは?

    震災後の福島に行って映像を制作したことです。実際に自分の目で見た時に、報道とは違う現実があると感じました。
    どんな報道のされ方をしているか、SNSではどのような意見が多いか、それに対して映像でどんなことを伝えれば福島の見方が変わるのかを自分なりに考えた経験は、今の自分の土台になっていると感じます。

  • 今後やってみたい仕事や目標はありますか?

    いろんな仕事をやってみたい、という思いはありますが、まずはクライアントや社内の方から信頼していただけるように、専門知識や仕事の作法を身につけつつ、良いコミュニケーション施策を提案できるようになりたいです。

  • 就活生にひとこと!

    就職浪人という道を選び、この会社に入りました。留年し、既に働き出した大学の同級生と自分を比較しては卑屈になっていた時期もありましたが、自分は自分のペースでじっくり時間をかけて、興味のあることに手を出し、やってきたことを整理してようやく腑に落ちる答えを見つけて就職活動に挑むことができました。偉そうなことは言えませんが、周りの就活生に意識を取られず、マイペースに納得できるまで頑張ってください!


     

OTHER PEOPLES