graphic
graphic
detal
2016年入社
MIZUTA KOTOMI
水田 琴美
情報流通デザイン局
ソーシャルメディアコミュニケーション部
  • 現在の業務について
    簡単に教えてください

    私の所属するソーシャルメディアコミュニケーション部は、WEBサイトや動画、イベントなどのコンテンツを制作し、ウェブメディアやSNSを通じて拡散していくのが主な業務です。動画制作・HPディレクション・グラフィックデザインなどの制作系や、様々なウェブメディアの人と企画を立て、情報を発信しています。

  • 現在の業務で面白いところ、
    難しいと思ったところ

    たくさんの人とやり取りをし、全員の意志をすり合わせることに難しさを感じています。しかし、クライアントの自社製品への誇りやアツい想いを、各メディアにしかない魅力や特性を活かしコンテンツとして創り上げ、それが生活者にきちんと届いたときは、面白さと手ごたえを感じます。

  • 今までで思い出に残っている
    プロジェクトはありますか?

    料理研究家の方と共同でレシピを開発し、レシピ動画を制作したりWEBで記事にして…と、それらの制作をほぼ自分で担当した案件です。
    最終的に期間限定でクライアントの社員食堂のメニューにしていただいたり、WEB上で反響が返ってきたときに、やりがいを強く感じました。

  • 電通PRってどんな会社?
    魅力はどこ?

    個々人の特性を活かした仕事が出来る会社だと思います。私は弊社で数少ない美大卒の新卒社員ですが、その特性に合わせた様々な仕事を与えてもらっており、そういう所に社員同士の風通しが良さが表れていると思います。
    入社前とのギャップでいうと、想像していたよりもクリエイティブな仕事も多く、配属後二か月ほどでアートディレクションのような仕事を任せてもらったことは衝撃でした。

  • 電通PRに入社を決めた理由は?

    「実はあれ私がやったんだよ!」って言える仕事をしたいと小さな頃から思っていました。
    大学で美術の制作を続けるうちにそれを実現するには、ただ創るだけではなく広める方法が必要だと感じ、「広報」に興味を持ちました。
    電通PRに決めた理由は、ユーザーファーストな施策が多いと感じたことと、ここなら馴染めそう!という直感が働いたことです。

  • 学生時代にやっておいて良かったことは? または学生時代にやっておいたら良かったな、と思うことは?

    ”もう二度とできんぞ!”という思いで死ぬ気でやり遂げたことが一つあるのですが、本気で自分のために妥協しないでやったことは、これから一生の自信になると思うので、そういうものを一つ持っておくと良いと思います。どうせ何をやったって、「あれもやっておけばよかった…」とか思いますし、そんなの“隣の芝”なので、わが道を突き進みましょう!

  • 今後やってみたい仕事や目標はありますか?

    一般の方を巻き込んだPR施策を実現したいです!
    “好き”ほど強い情報発信の動機は無いと思うので、PRパーソンに限らず一般の方も巻き込んで企画できるようなコミュニティを作りたいです。例えば地域のPRで、地元の方と連携してコンテンツを作成し情報発信していく…といったことを積極的に提案していけるPRパーソンになることが目標です。

  • 就活生にひとこと!

    「私こういう勉強していないからこの業種は無理かも…」とか、「これ勉強してたから、まぁこの業界だよね…」と決めつけず、未知の分野に挑戦してみるのもアリだと思います。
    視野を広げれば仕事は星の数ほどあり、その中で自分にとって良い仕事を選びとるくらいの気構えでも大丈夫だと思います。その結果電通PRを選んでもらえれば幸いです。

OTHER PEOPLES