graphic
graphic
組織図

各部署の役割について

電通PRは役割に応じ、大きく2つに分かれています。 「プランニング&コンサルティング局」はクライアントと打ち合わせをしながら、課題は何か、どんな解決策があるのか、といったことをクライアントへ提案し、実行する際の指揮監督の役割を担います。
そして、クライアントによって異なる課題に対し最適な解決策を提案するためには、様々な知見が必要です。そんなときにチームを組むのが「情報流通デザイン局」あるいは「コーポレートコミュニケーション戦略局」のメンバーです。領域ごとに専門知識を持ったエキスパートたちとともに、クライアントの課題を解決しています。

プランニング&コンサルティング局

プランニング&コンサルティング局は、クライアント (企業や組織 )に一番近い立場です。クライアントのコミュニケーション上の悩みに対して、解決案を企画し、実行、そしてその結果を検証します。
併せて、TV,新聞・雑誌,メディアとのネットワーク構築による、メディアリレーションズの企画立案と実施業務を行います。
もちろん、クライアントによって悩みは様々ですから、A社で効果的だったPR企画が、B社にとって効果的とは限りません。
クライアントの強み、弱み、さらには業界全体の動向を把握し、要望をくみ取り、最適なプランニングを行います。
企画から実行、検証までの一連の流れを、社内外のスタッフの協力を仰ぎながら、全体のコンサルティング、つまり“指揮監督”をする役割です。「プランニング&コンサルティング局」なしにはプロジェクトが進まないのです。

情報流通デザイン局

「どのメディアから情報を発信すると、どのように拡散し、
ターゲットへメッセージが届けられるのか」を考え、設計・実行していく。

皆さんがモノを買ったりサービスを利用するとき、何を参考にしますか?もちろんテレビや雑誌などの広告や番組などのメディアから情報を得ると思いますが、加えて、自分にとって影響力の大きい・信頼している人が勧めていると買いたくなったりします。
情報流通デザイン室では、どんなメディアや著名なブロガーなど影響力を与える人等を活用して情報発信するのが良いか、そしてどのように情報が広がっていくのかということを設計し、実行していきます。
それぞれの部署では、クライアントの商材や開催するイベントなどが世の中に発信・拡散されるように、それぞれのメディアのもとへ直接出向き、資料や実際の商材などの説明をしながら魅力を伝える「プロモート」などを行います。
広告のようにすべてクライアントの意向に沿う情報が発信できるわけではありません。
それぞれのメディアの読者層や特性に合わせながら、世の中に必要な、ニュース性のある情報として発信できるように、さまざまな切り口を考えるのが、情報流通デザイン室の腕の見せ所です。

  • メディアソリューション部

    テレビ、新聞、雑誌、WEBメディアなど、あらゆるメディアとのリレーション(関係)構築を行い、クライアントの発信したい情報について資料や実際の商材を持ち込み魅力や必要性を説明し、番組や紙面上で紹介してもらえるように「プロモート」を行います。
    また、プランニング&コンサルティング局とともにクライアントへの提案の際にメディアの視点からコンサルティングを行う役割も担います。

  • PRオペレーション部

    メディアソリューション部同様、メディアとのリレーション構築を図り、メディアを記者発表会へ招待したり、当日の現場対応などをメインに行います。

  • PRプロモーション部

    PRプロモーション部では、記者発表会など、主に企業のイメージアップを図ることを目的に開催するPRイベントについて、企画・運営などを行います。
    PRイベントはその実施自体が目的ではなく、イベントの内容を広く伝えるための手段です。会場の構成や進行・演出など、あくまでも出席したメディアやブロガーなどによってその発表する内容を拡散してもらうことを狙っています。
    ディレクション局や他の部署と一緒に、どのようにクライアントの発信したい情報を魅力的に発信できるのか、その仕掛けを考えていきます。

  • ソーシャルメディアコミュニケーション部

    デジタルメディア、ソーシャルメディア、インフルエンサーを中心にリレーションを構築し、
    動画やネイティブアドなどのコンテンツ制作を行います。また、プランニング&コンサルティング局とともにクライアントへの提案の際にコンサルティングを行う役割も担います。

  • コミュニケーションデザイン部

    メディアソリューション部、ソーシャルメディアコミュニケーション部などと連携しながら、
    マスメディアとソーシャルメディアを活用した情報流通デザインをプロデュースします。

コーポレートコミュニケーション戦略局

コーポレートメッセージ開発や、トップコミュニケーション、 緊急時のリスク対応など、
企業全体のコミュニケーションについて考える。

皆さんがモノを買ったりサービスを利用するとき、どんな基準で購入や利用をしますか?恐らく、日頃から「品質や企業イメージが良い」とされる、信頼のおける企業の製品やサービスを選びたくなるのではないでしょうか?企業は、モノやサービスを作るだけではなく、企業としてのブランド価値も高めていく必要があります。例えば、企業のトップのスピーチの印象一つで、製品への信頼度が一気に高まることもあります。一方、不祥事などがおこると、一気にブランド価値が下がってしまいます。コーポレートコミュニケーション戦略局では、企業が、生活者などから信頼と理解を得る最適なコミュニケーションをクライアントと考え、実行していきます。

  • 戦略コンサルティング部

    企業・団体などが信頼を得るためには、株主や顧客、地域住民など企業経営において重要なステークホルダーとの良好な関係作りが必要です。
    戦略コンサルティング部では、社長交代、重要な新規事業立ち上げや法律や制度の改正など、経営戦略に強い影響をあたえることが発生する際、経営者パートナーとしてクライアントのPR戦略のお手伝いをしています。

  • リスクマネジメント部

    企業・団体のコミュニケーションは必ずしも、平常時だけ行われるわけではありません。事件・事故など危機的な状況が発生した場合、「何が起きてしまったのか」よりも「どう扱われたのか」が、その企業・団体にとって重要なのです。
    危機的な状況において、クライアントがどのようなコミュニケーションをとるべきか、コンサルティングをしていきます。

  • パブリックアフェアーズ戦略部

    パブリック・アフェアーズとは、社会(パブリック)の中で、利害が対立するとき、丁寧なコミュニケーションを行い、合意形成を行っていくことを言います。 例えば「ゴミ処理場建設」。ゴミ処理場という公共として必要なものではあるものの、地元住民は建設を反対するという例はたびたび発生します。そのような場合に、さまざまな利害や意見の違いを踏まえながら、ひとりでも多くの住民からの理解を得るべく、説明会の開催や、イベント等を通じ、丁寧に相互のコミュニケーションを図り、建設への理解を促進します。 このように、クライアントが“パブリック”との良好な関係作りのお手伝いをしています。

  • 調査部

    クライアントのPRしたい情報(商品・サービス・企業メッセージなど)を、世の中に発信していく際に、より説得力を持たせるには客観的なデータが必要です。調査部では、そのデータを裏付けるための調査を行っています。

  • 企業広報戦略研究所

    企業広報戦略研究所とは、大学の研究者など企業経営や広報の専門家と連携して、企業の広報戦略・体制等について調査・分析を行う電通パブリックリレーションズ内の研究組織です。研究所の独自調査や学識者との共同調査を通じて、広報活動や危機管理に関する実証的な研究を行っています。

関西支社

  • プランニング&コンサルティング局

    本社プランニング&コンサルティング局と同様に、関西エリアのクライアントのコミュニケーション課題解決のための戦略・戦術立案および実施に関する業務を行っています。

ABOUT DENTSU PR